上場企業IR担当役員のための

会社案内

会社案内

会社名

RIDEAL株式会社

設立

2016年12月28日

代表者

代表取締役 三代まり子

住所

〒102-0094 
東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル17F (地図

電話番号

03-5276-2877

 

 

会社案内パンフレット

 

 

 

 

代表者プロフィール

ENGLISH

 

RIDEAL株式会社 代表取締役 三代まり子

 

略歴:

 

2011年に独立し、2016年に法人化。企業の統合報告コンサルティング、報告書レビュー、ステークホルダーダイアログでのアドバイザリーの他、国内および海外において、一般事業会社、金融機関、大学等で統合報告に関連するセミナーを実施。

 

  • 2005年〜2010年:新日本有限責任監査法人にて会計監査、調査研究などを担当。知的資本・資産イニシアチブ(WICI)にて日本の製薬、自動車、電子部品産業のKPI開発に従事。
  • 2011年〜2013年:国際統合報告評議会(IIRC)にて、主にテクニカル・マネージャーとして企業報告に関する国際的な開示の枠組み(国際統合報告フレームワーク)およびConnectivity Background Paperの開発に従事。また、リレーションシップ・マネージャーを兼務し、日本国内およびアジアでの統合報告の展開を担当。
  • 2014年4月〜現在:早稲田大学商学学術院総合研究所WBS研究センター招聘研究員
  • 2016年11月〜現在:World Intellectual Capital/Assets Initiative(WICI) Japan 理事

 

資格:
米国公認会計士 (カリフォルニア州)

 

 

学歴:
米国テキサス州立大学サンアントニオ校 (会計学)
早稲田大学大学院商学研究科 (MBA)

 

 

著作(共著):
創る・守る・活かす知的資産経営』 (税務研究会) 2007年
|『医薬品ビジネスの会計ガイドブック』 (中央経済社) 2010年

 

 

その他執筆:
『知的資産にフォーカス〜事業ライフサイクルと会計・税務』 週刊経営財務(税務研究会)2008.7.14号、2008.7.21号、2008.7.28号、2008.8.4号 共著
ライセンス契約の会計処理ノウハウ』 Business Law Journal (LexisNexis) 2008年8月
第1回 共同研究開発における会計と税務』 情報センサー(新日本監査法人)2008年9月
第2回 ロイヤルティ監査と会計処理』 情報センサー(新日本監査法人)2008年11月
第3回 ライセンス契約とM&A』 情報センサー(新日本監査法人)2009年2月
ライセンス契約と会計上の処理について』 CIPOフォーラム(日経BP知財Awareness)2006年11月
知的資産の情報開示〜日独知的資産経営サミットのご報告より〜』 CIPOフォーラム(日経BP知財Awareness)2007年11月
知的財産とXBRL』 CIPOフォーラム(日経BP知財Awareness)2008年11月
Are your KPIs just a "To Do List"?』 by Mariko Mishiro and Stacey Barr 2012年3月
国際統合報告審議会(IIRC)による取組み―価値創造のための国際的なレポーティング・フレームワーク』企業会計(中央経済社) 2012年7月
国際的な開示フレームワークにおけるKPI』日本IR協議会「IR-COM」|『世界に広がる「統合報告」のすべて』 週刊経営財務(税務研究会) 2013年1月
国際統合報告評議会(IIRC)の開示フレームワーク 〜開発状況と今後〜 』 (p11) RID ディスクロージャーニュース(宝印刷) 2013年1月
国際的な開示フレームワークの動向〜国際統合報告評議会(IIRC)による統合報告について〜』(p76) RID ディスクロージャーニュース(宝印刷) 2013年7月
企業報告におけるConnectivity〜情報の「つながり」をデザインする〜』 RID ディスクロージャーニュース(宝印刷) 2014年1月
国際統合報告〈IR〉フレームワークの概要と今後の展望』 (p93) RID ディスクロージャーニュース(宝印刷) 2014年4月

「統合報告」とは何か』月刊広報会議(宣伝会議) 2014年4月
国際統合報告〈IR〉フレームワークの特徴と課題』 企業会計(中央経済社) 2014年5月
国際統合報告評議会における統合報告の役割〜「金融の安定化」と「持続可能性」の両立に向けて〜』経済経営研究 Vol.35 No.1(日本政策投資銀行) 2014年7月
企業の信頼性を高める統合報告の可能性』 株式会社ブレーンセンターサイト内 2015年3月
統合報告書の作成を阻む壁とは?』上場会社役員ガバナンスフォーラムサイト 2016年9月
非財務情報の信憑性を高める方法』上場会社役員ガバナンスフォーラムサイト 2017 年1月15日
Achmea社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年3月発行 
Anglo American Platinum社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年4月発行 
NEDBANK社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年5月発行 
Sasol社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年6月発行 
SAP社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年7月発行 
OCEANA GROUP社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年8月発行 
Coca-Cola HBC AG社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年9月発行 
DANON社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年10月発行 
Kumba Iron Ore社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年11月発行
British Telecom社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2017年12月発行

Stadard Bank社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2018年2月発行
Diageo社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2018年3月発行
アルセロール・ミッタルUSA社 海外事例紹介』株式会社 エッジ・インターナショナル Newsletter p4 2018年4月発行

 

 

 

有識者インタビュー&ダイアログ等:
株式会社リコー『サステナビリティレポート有識者ダイアログ』 参加 2013年3月, 2014年3月, 2015年2月, 2016年3月
経済産業省 平成26年度政策評価事業 『経済産業政策における組織マネジメントに関する調査【報告書】』(p50) 2015年3月
株式会社インベスター・インパクト「IRインサイト」インタビュー記事が掲載:「統合報告への取り組み」(第1回)(第2回) 2018年4月

 

 

セミナー・講演等:
Innovative reporting mechanism leveraged with XBRL interactive data for value creationVimeo)(価値創造のためのXBRLデータによる革新的なレポーティング・メカニズム)』@第8回世界銀行主催 (The 8th World Conference on Intellectual Capital for communities)/(パリ) 2012年6月
国際統合報告フレームワークの検討状況と日本企業の対応について』 @インベスター・ネットワーク株式会社主催セミナー 2013年10月
企業の価値創造ストーリーを紡ぐ「結知的資本世界会議合性」とは?』 @日経エコロジー主催 事例で一から学ぶ統合報告書セミナー 2013年7月
Integrated Reporting and IIRC(統合報告と国際統合報告評議会』 @第68回フィリピン公認会計士協会(PICPA) 年次ナショナル・コンベンション(マニラ)
21 世紀のナレッジマネジメントの展開』@ナレッジマネジメント学会 2013年11月
国際的な開示フレームワークの動向』@株式会社日本政策投資銀行・一般社団法人経済研究所主催統合報告セミナーin 名古屋 2013年11月
株式会社日本政策投資銀行金融アカデミー 『統合報告入門』 担当講師2014年
統合報告とは』  ゲストスピーカー@お茶水大学 女性ビジネスリーダー育成塾:徽音塾(吉村貞彦先生担当クラス「コーポレート・ガバナンスとIR」)2014年11月
Connectivity(結合性)』@WICIシンポジウム 2014年12月
株式会社日本政策投資銀行金融アカデミー 『統合報告入門』 担当講師2015年
『統合報告書作成セミナー』@監査法人トーマツ主催 in 大阪東京 2015年
株式会社日本政策投資銀行金融アカデミー 『統合報告入門』 担当講師2016年
一般社団法人企業研究会主催 『統合報告』の考え方の基本と経営への最適な活用講座〜統合思考、価値、ストーリー、KPI(重要業績指標)等のポイントを解説〜』 2016年4月
 『企業の価値創造ストーリーを伝達する統合報告書とは?』 @日本IR学会 会計・IR研究会2016年
『企業の長期的な価値創造と新たなグローバルトレンドとしての「統合報告」』  ゲストスピーカー@上智大学経済学部(新日本有限責任監査法人寄付講座「日本企業のディスクロージャー」)2016年7月

 『企業の長期的な価値創造とグローバルトレンドとしての「統合報告」』 @国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ) 関西分科会2016年9月9日 & レポーティング分科会(東京)2016年9月30日
はじめて学ぶ「統合報告」』(講師@株式会社プロネクサス様主催セミナー(東京)2016年10月17日
|『Integrated Reporting and WICI Intangibles Reporting Framework』(@第13回UNESCO主催 知的資本世界会議(The 13th World Conference on Intellectual Capital for communities)/(パリ) 2017年7月
『長期ビジョンのある企業を見分けるには? 新たなグローバルトレンドとしての「統合報告」』ゲストスピーカー@上智大学経済学部(新日本有限責任監査法人寄付講座「日本企業のディスクロージャー」)2017年7月
「企業と投資家との対話」における統合報告書とESG情報開示の活用について』(コーディネーター@有限責任監査法人トーマツ様主催セミナー/(東京) 2017年10月3日
『統合報告1年生が押さえておくべき3つのポイント〜持続可能な開発目標(SDGs)を統合報告に組み込むために必要な思考とプロセスとは?』(@国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ SRI/ESG分科会)/(東京) 2017年11月22日
Paul Druckmanへのインタビューワー@WICI Symposium 2017/(東京) 2017年12月1日
株式会社日本政策投資銀行金融アカデミー 『統合報告入門』 担当講師2018年2月

 

メディア掲載:
活躍のフィールド広がる「なでしこ会計士」上 コンサル・作家・・・色とりどりの「独立系」』 第182号 日経ヴェリタス 2011年9月

 

 


ホーム 会社概要 サービスメニュー お客様の声 メルマガ